マイクロアルジェコーポレーション株式会社

お気軽にお問い合わせください0120-48-5504受付:AM9:00~PM5:00(土日・祝日を除く)

会社概要

マイクロアルジェコーポレーション株式会社

名称 マイクロアルジェコーポレーション株式会社
設立 1993年8月5日
資本金 50,000,000円
営業内容 マイクロアルジェの培養、マイクロアルジェ応用商品の製造・販売
本社/総合研究所 岐阜県岐阜市曙町4-15
TEL:058-248-1822 FAX:058-248-1820
宮古ファーム(提携農場) 沖縄県宮古島市城辺町字福里62-5
TEL:0980-77-7201 FAX:0980-77-7193

経営理念

人の健康、社会の健康、そして地球の健康つくり

弊社はマイクロアルジェに関わるあらゆる事業を推し進め、 現代社会に貢献して行きます。

恵藻無限

マイクロアルジェの応用は、これまでサプリメントや化粧品などごく限られた分野においてのみでした。
しかし、37億年の歴史を持つイクロアルジェは『無限の可能性』を秘めています。
その力を一つ一つ形あるものに応用・事業化しマイクロアルジェの恩恵を広く社会に還元して行きます。

代表・顧問紹介

代表取締役 竹中裕行(たけなか ひろゆき)

  • 薬学博士 医学博士
  • MAC総合研究所所長
  • 元九州共立大学工学部准教授
  • マリンバイオテクノロジー学会評議員

21世紀、私たちは今までの石油化学に依存した文明を卒業し、自然の流れに沿った新たな文明-全ての活動エネルギーを太陽から得る文明を築いてゆくべきです。それを可能とするのは、植物の有効利用です。
この植物科学文明の旗手として期待されるのが地球で最初に誕生した生命、マイクロアルジェです。
マイクロアルジェは二つの重要な役割を担ってきました。一つはこの地球に酸素を生み出し、生命溢れる惑星としたこと。もう一つは、自らが他の生物の餌となることによってタンパク質、糖質、脂質、ビタミン、カロテノイドなど、大切な栄養素を多くの生物に分け与えてきたこと。そしてこれらの営みは、今も途切れることなく続いています。
マイクロアルジェが担ったこの大きな力を、今改めて植物科学文明の構築に役立てることこそ、子々孫々に美しい地球を残す最良の道であると信じます。

顧問 向畑恭男(むこうはた やすお)

  • 名古屋大学名誉教授
  • 高知工科大学名誉教授

1932年8月7日生
1955年 大阪大学理学部化学科卒
     大学院理学研究科 生物化学専攻満了
     大阪大学助手(理学部生物学科生物物理化学講座)
1956年 理学博士(大阪大学)
     カリフォルニア大学バークレー校留学(1962~1964年)
1968年 大阪大学助教授
1974年 日本生体エネルギー研究会設立に参画
1975年 日本生体エネルギー研究会主宰(~2003年)
1987年 文部省重点領域研究「バイオエナジェティックス」代表(~1990年)
1989年 名古屋大学教授(理学部生物学科植物学第3講座)
1994年 名古屋大学評議員(~1996年)
1996年 高知工科大学設立準備財団参与
1997年 高知工科大学物質・環境システム工学科教授
2003年 高知工科大学特任教授(~2008)
1996年 名古屋大学名誉教授
2008年 高知工科大学名誉教授
2004年 高知県リサイクル製品等認定審査会会長(~2016)

   
   

SDGs(持続可能な開発目標)への取り組み

 

私たちは、理念「マイクロアルジェによる人と社会と地球の健康づくり」を通して、SDGsの目標を達成します。

MAC(マイクロアルジェコーポレーション)グループは「植物科学文明の構築」を旗印に、「マイクロアルジェによる人と社会と地球の健康づくり」を企業理念として1993年に発足しました。この「植物科学文明の構築」こそ、2015年に国連サミットにて採択された国際目標、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みであると考えます。 SDGsの掲げる17の目標、およびそれらを達成するための169のターゲットから、当社の企業活動において達成可能な取り組みを以下に示し、決意表明といたします。

     
⒈ 貧困をなくそう(tgt.1.4)
日本―エチオピア国際共同研究に参画しており、エチオピアでのスピルリナの事業化を通して雇用の創出を目指す。
 
2. 飢餓をゼロに(tgt.2.1~2.5)
日本―エチオピア国際共同研究に参画しており、エチオピアでのスピルリナの事業化を通して、スピルリナによる栄養補給を目指す。
 
3. すべての人に健康と福祉を(tgt.3.1~3.4)
MACグループが最も得意とし、また重要とする目標。マイクロアルジェが持つ種々生理活性物質により、日本はもちろん発展途上国の人々の健康をつくる。また、そのための研究を推進する。
 
5. ジェンダー平等を実現しよう(tgt.5.b)
MACグループの販売組織は女性の活躍が際立っており、規約その他もすべてジェンダーによる区別はない。
 
12. つくる責任 つかう責任(tgt.12.2,12.5,12.8,12.a)
製造時の原料や資材のロスを最小限に。商品の期限切れによる廃棄を無くすべく、生産計画を綿密に。商品発送時の包装を無駄なく、簡易に。一方、発展途上国にはこれらを推進するための情報を提供する。
 
13. 気候変動に具体的な対策を(tgt.13.3)
マイクロアルジェを育てることで、二酸化炭素の固定を促進する。
 
15. 陸の豊かさも守ろう(tgt.15.3)
砂漠の緑地化における陸生藻類の活用が古くから研究されている。陸生藻類イシクラゲを活用した緑化技術の開発を目指す。
 
17. パートナーシップで目標を達成しよう(tgt.17.7)
スピルリナをはじめとする種々マイクロアルジェの培養技術を、発展途上国に惜しむことなく移転する。

ページトップへ戻る